精密機械といえば新亜光学工業株式会社と言われる理由を探る

新亜光学工業株式会社が光学分野の第一線を走り続けている理由とは?

社員のスキルが高いのも高い信頼を得ているポイント

ものづくりのスキルでは

日本以外に外国の企業との取引先を多く持つ新亜光学工業株式会社。
精密機械や光学部品の依頼が多く、長年質の高い製品を届け続けているのがポイントです。

研究や発明をする仕事をする社員は、大学や大学院で機械工学を学んでいる人が多いようです。
カメラやソーラーパネルなどの製品は他社を含めて高品質な製品の販売を続けており、ものづくりのスキルが無かったりスキルを磨くことを怠ったりすれば、すぐに追い抜かれかねません。
下手をすると顧客が乗り換えをします。
そうならないように、新亜光学工業株式会社の社員は日々スキルアップを欠かしていません。

他には、製造の社員も手先が器用で細かな作業が得意な人ばかりです。
依頼が立て込んでいても作業の速さや正確さは求められますが、対応できる社員が揃っているので安心です。
ちなみに休暇取得をしやすい職場なので、社員が上手に活用して休職や仕事でのミスが起こるリスクを下げています。

語学に強いのも世界に技術を広めやすくする

顧客に質の高い製品を届ける以外に、世界に技術を広めることも新亜光学工業株式会社が行う仕事の1つです。

韓国や香港に事業所があり、そこで働く外国人社員の教育を行います。
光学分野の第一線を走り続けているのは、世界でも認知されているポイントです。
働く社員も意欲的な気持ちを持つ人ばかりです。
とはいえ、日本人社員が英語をはじめ外国語ができないと上手くコミュニケーションや教育をすることができません。
新亜光学工業株式会社の日本人社員は語学に強い人が揃っているので安心できます。
また留学や海外生活の経験者であれば、外国人の考えを汲み取ったうえでアドバイスをしやすくします。

営業や物流の社員は、顧客と直接コミュニケーションをする機会があります。
語学ができることで光学部品や精密機械に関する質問や疑問に答えられるため、頼りにされやすくなるでしょう。