精密機械といえば新亜光学工業株式会社と言われる理由を探る

新亜光学工業株式会社が光学分野の第一線を走り続けている理由とは?

ものづくり以外にお客さんに精密機械を届けるまでが仕事

輸送の仕事において万全な対策をする

新亜光学工業株式会社は光学部品や精密機械を輸送する際、自社社員が行います。
また揺れによる衝撃を防ぐために航空便の使用もしません。
時間が掛かっても、トラックや船を用いた輸送を行います。

陸や海での輸送は、場所によって温度や湿度の変化が起こりやすい傾向にあります。
輸送時に概ね温度は18から26度、湿度は40から50パーセントになるように管理をします。
専用のエアコンや空気清浄機に寄り調整ができるうえ、光学分野に詳しい社員が輸送をするのでトラブルが起こるリスクは下がります。

精密機械は、静電気によっても誤作動や制御不能と言ったトラブルを起こりかねません。
乾燥を防ぐために輸送時の湿度管理をするだけでなく、運搬時は静電気除去スプレーや手袋などを用いた対策を欠かさずに行います。

社員のスキルの高さ以外に細かな部分も配慮をする分、長年光学分野の第一線を走り続けている理由かもしれません。

顧客への接客でも同じ人が来てくれると安心

国内外の顧客へ光学部品や精密機械の輸送を行う新亜光学工業株式会社。
長年の実績を誇り常連となっている企業もありますが、商品を渡す際に可能な範囲で同じ人が来てくれると安心感を抱けるのもポイントです。

輸送担当者とはいえ、商品の受け渡し以外に接客も大事にしています。
ザイオンス効果という心理学用語があり、頻繁に良好な関係が続けば好感度や評価が高まる傾向になります。
国内外を問わず、顧客が新亜光学工業株式会社の輸送担当者と顔見知りになることで、製品に関する質問や疑問をしやすくなるようです。

部署異動などが理由で担当が外れた場合でも、顧客への引継ぎを欠かしていません。
細かな配慮を欠かさないのも、新亜光学工業株式会社が長年高い評価を受けている理由ではないでしょうか。